アダルトサイト作成ツール「無双マイスター」

まことに残念ながら、「無双マイスター」は終了しました。
以下は、運営当時の内容の紹介になります。

 

いままであった、ただのコピペサイトを自動で作成するツールであれば、いずれ googleの検索結果から圏外に飛ばされるのがほとんどですが、このアダルトサイト作成ツール「無双マイスター」はちょっと違います。

 

キーワードを自動でお宝キーワードに変えて作成していくので、検索エンジンで上位を平気でとるようなサイトを作ってくれます。

 

しかも、その作り方は非常に簡単で、1サイト10分でできるというのです。

 

その仕上がりは、サイトを見れば、販売しているサイトと遜色ないほどの出来栄えです!!

 

無双マイスターを利用して自動で作れるのはこの3つ

 

アダルトサイト作成ツール,無双マイスター

 

アダルトサイトを作れるテンプレートは限られていて、「FC2」「Wordpress」
そしてアフィリエイターならよく知っている「SIRIUS」くらいです。

 

その3つとも対応!!
Wordpressを利用出来れば十分という感じですが、さらに、SIRIUSも利用できれば、もう申し分ないです。

 

今自分でコツコツサイト作成してアフィリエイトしている人って

アダルトサイト作成ツール,無双マイスター

FC2ブログだけを毎日・■何記事も作成していたり・・・
■Wordpressでカスタマイズしたりしながらアフィリエイトタグを一つ一つ貼っていたり・・・
■SIRIUSでHTMLサイトを何サイトも作成して、リンクを張り巡らしていたり・・・・
このようにサイト作成してリンク貼り巡らして、一生懸命時間を費やしてという方が多いんでないでしょうか。

 

でも、この無双マイスターで作成すれば、様々な形のアダルトサイトを作成して、
簡単に100サイト200サイト作って、いくつかのサイトにリンクも貼っていけば、
その中のいくつかが上位表示し、自然に売り上げはついてくると思います。

 

では、その作成したサンプルサイトを見てみましょう。

 

無双マイスターで作成したサイト紹介

無双マイスターはベースとなる動画共有サイトをそっくりそのままコピーしてしまします。
しかし、動画の説明文はリライトされ、キーワードもオリジナルに作り替えられます。

 

Wordpressで作成

まずは、今アフィリエイターの中で一番使われているといわれるWordpressで作成されたサイトです。
スマホ・タブレット対応のレスポンシブデザインで、更にプラグインを利用すれば、さらにヘッダースライダーなども使ってオリジナルのサイトを簡単に作ることができます

 

アダルトサイト作成ツール,無双マイスター

 

FC2で作成

皆さんもよく知っているFC2ですが、利用するメリットはFC2には様々なツールがあり、ランキングを載せたり、FC2を利用している方とのコミュニケーションがとれるので、簡単に訪問者を増やせたりというメリットがあります。また、FC2のドメイン力というのも大いに効果がありますね。

 

アダルトサイト作成ツール,無双マイスター

 

SIRIUSで作成

HTMLサイト作成ソフトであるSIRIUSは、使いやすくて初心者にも非常に人気のツールです。私のこのアダルトアフィリエイトのサイトも実はSIRIUSで作成しています。
簡単に作成もバックアップもできるので安心して利用できるツールです。しかし、SIRIUSを利用してアダルトサイトを作成できるツールというのはほとんどありませんでした。ですから、この無双マイスターを利用したいとい方も多いのではないでしょうか。御覧のように公式販売サイトと遜色ないサイトを簡単に作成してくれます。

 

アダルトサイト作成ツール,無双マイスター

 

無双マイスターをお勧めする理由

無双マイスターを作成したのは阿部さんという大阪の方なのですが、
公式ページの内容を見てみると非常にWEB関係に詳しいかたで、
このアダルトアフィリエイトの詳細についても芯をついていて、
この方が作成したツールなら問題ないだろうなと思えるものでした。

 

コピペだけの作業でただアダルトサイトを作るのではなく、
アフィリエイトに特化したレスポンシブデザインのスタイリッシュで、
SEO効果も高いアダルト動画サイトを作ることができます。

 

購入者には、「動画検索単語一覧表」「結果を出しているバナー広告」「ヘッダーバナー」などがプレゼントでついてきます。

 

 

最後に
私はこの無双マイスターの公式ページを読んで、無性に「これなら稼げる」とすぐに感じるものがあり、購入させていただきました。
実は購入してまだ、1週間なのですが、間違いなくいずれ売り上げがついて来ると感じました。